台湾のネットカフェQtimeに救われた件

台湾でネットカフェQtimeに救われた件
SPONSORED LINK

どうも、あき(@lyonxyloto)です。

メキシコに来る前にウユニ塩湖で出遭った旅仲間と
台湾の台北へショートトリップをしてきました。

やっぱり、旅の醍醐味は出遭いです!

その旅仲間と行った台湾初日の宿が
入れなくて、ネットカフェに救われた件を書きます。

予約したのはこの宿。
Flip Flop Hostel – Main Station(フリップ フロップ ホステル メイン ステーション)
口コミ評価も8.8だし、絶対人気宿!!

今回、LCCのスクートを利用したんですが
飛行機の到着が遅れたのと
最終チェックイン時間を忘れていて、見事に入らせてもらえなかったんです。
てか真っ暗でドアを叩いても誰も出てくれなかった。。。

チェックイン時間は21時半までというのを見過ごしていました。
口コミの評価が高い宿を選んで、
夜はいつでもチェックインできるだろうと思い込んでいました。

空港からこの宿まで来たときに、あまりにも宿が閑散としていて
「もしかしてチェックインもうできんのじゃね?」
と旅仲間が言ったことでわかりました。

完全な油断。

時刻は23時を過ぎようとしていて
あたりはもう寝静まっている。
台湾でネットカフェQtimeに救われた件
行きたかったな〜〜。
とりあえず、お腹が空いたので何か買えるところを探しました。
大通りに出ると、セブンイレブン! そしてマックがあるではないか!!

マックでとりあえず腹ごしらえ。

名古屋でもマックで朝までコースというのは何回かやったことがあるので
まあいいかなと思ったんですが、やっぱり横になれない!

全然疲れとれないし、寝れない!!

どっか寝れるところないかなあと外を出た瞬間!
なんとマックの隣に
「24H OPEN」の文字が!
台湾でネットカフェQtimeに救われた件
参考:Googleストリートビューより

あき
「え、なにここ?」
あき
「満喫!?  なら寝れるんじゃね?」
その名はQtime


少なくとも台北にはチェーン展開されている漫画喫茶、ネットカフェです!!

店員に聞いてみたら22時から11時までのボックス席で
250元(約800円)!
安っ!!
1,000円もかからんやん!

ボックス席は十分2人が寝れる広さ!!
台湾でネットカフェQtimeに救われた件
しかもシャワーはプラス60元(約200円)で浴びれる!
利用しない手はないでしょ!!!

コンセントがあって、wifiあって、シャワー付き、
それで寝れたら申し分ないです。

僕らが逃した宿から徒歩10分以内の位置で助かりました。
台北駅からゲキチカです!!
台湾に満喫、ネットカフェ文化があってほんと救われた。

駅が近いこともあって、翌日からの観光もスムーズでした。

こうしてあっという間に宿の替えが見つかって
なんとか台湾初日を乗り越えたのでありました。

台北で宿がない!宿予約してない!という人はぜひQtimeを探してください!!
台湾行くならQtimeは覚えておきましょう!!

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。