ワーホリ後も スペインに留まります。

SPONSORED LINK

随分記事を更新をするのを怠っていました。

タイトルの通り、スペインワーホリから1年を過ぎた後もスペインに留まっています。

何ビザに切り替えたかというと「学生ビザ」です。
というか学生ビザもまだ手続き中で、NIEカードももらっていません。

2022年の7月末に書類申請してまだ指紋の予約ができていない。

耳にタコができるほど聞き飽きた「スペインは手続きが遅い」というのも承知。
ワーホリ中にNIEカードを発行したものの、受け取った時には残り1ヶ月しかなかった。(笑)

今思うとワーホリ中なんてNIEカードなんていらなくても事が足りていた。
スペインでの銀行はオンラインバンクのN26やRevolutで仕事上、支障はないし、特に必要に迫られなかった。

で、なんで急に終わり際になって作ろうとしたのかというと、学生ビザの申請でスペイン国内の銀行残高証明が必要だったから。
でも結局N26でもIVANコードがES〜であればオンラインバンクでも問題ないという記事を見て、作るのを辞めた。

これはNIEカードを作った後だったからもう少し早く動いておけばよかったなと反省。

スペインの銀行でポジティブなこと言っている在住日本人の話を聞いたことがない。
La C○ixaなんて、、、とか

窓口業務なんて遅すぎるし、メールも全然返事ないとか。まぁこれは銀行に限らず、スペイン人は基本仕事が遅いよね。

それに比べてオンラインバンクのリモート担当者は対応が早い。
N26の残高証明なんてウェブブラウザからPDFでダウンロードできる!

というかワーホリを1年してから自分もスペインに残るのか、時期が迫るまで全く考えてなかった。

ただ個人的にパデルの留学を創ろうと動いているし、自身もまだまだ現地で上手くなりたいし、
ほか写真の仕事もしたりと新しいことをしている最中。あ、まだ帰りたくないな。と思ったのがビザが切れるあたり。

好奇心旺盛なのでまずはトライ!これ!

あと円安!日本で仕事するよりユーロで仕事したいという気持ちの方が強かった。

学生ビザはどうやって切り替えているのかというと、弁護士に頼みました。
僕自身がサッカー留学会社で仕事もしているのでそのツテで。感謝。

ワーホリから学生ビザへの切り替えは全然ブログがないし、在住者でも帰国せずに切り替えた知り合いはいなかった。
ワーホリから一時帰国して日本から学生ビザを申請してまたスペインに来た知り合いはいたのだけど。

でも帰国せずに切り替えができることは知っていた。だが詳しい情報源がなかったし、ビザが切れるまで時間がなく、書類不備とかで申請できなくなるような事態は避けたかった。

ということでお金を払って、代行してもらうことにしたというわけです。
学生ビザの進捗は引き続き記載していきます。

スペインワーホリから学生ビザで切り替えたい方がいましたらインスタDMなりご連絡ください。

*****
スペインワーホリ関連はこちらをどうぞ!!

スペインワーホリ NIEカード取得まで

2022年5月17日

スペインワーホリ3ヶ月たってみて

2021年11月11日

スペインワーホリ!1ヶ月いくらかかった!?

2021年9月2日

スペイン!ワーホリ前の出発準備

2021年8月15日

【スペインワーホリビザ】海外旅行保険はドクターヴァルターがいい!

2021年7月14日

スペインへ行く前にスペイン語のスピーキングをしたい方、毎週土曜オンラインでスペイン語交流会をしていますので興味ありましたらぜひ来てみてください。

オンラインスペイン語交流会はメリットしかない。

2020年11月28日
SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏の国が大好きです! 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 →英語ではなく、サッカーが盛んな国が多いスペイン語を選択。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。