結局最後は高校サッカー あるあるに行き着いた

高校サッカーあるある
SPONSORED LINK

どうも、メキシコ在住のあき(@lyonxyloto)です。

この国でもがんがんサッカーしております。
本田選手がパチューカに移籍したこともあって
メキシコサッカーの注目度は増すはず!!

今回は高校サッカーをやっていた人なら一度は聞いたことは
あるだろうあるあるを紹介。
これから紹介するのは僕がサッカーしていた愛知、名古屋なので
地方によってはないものもあるかもしれません。

サッカーあるある

チンチンにする

下ネタではありません。
相手が格下だったときに大差で勝つこと。
もしくは圧倒的なテクニックを見せつけて
相手をいなすこと。

えぐい

シュートコースが良すぎてキーパーが一歩も動けずに綺麗にゴールが決まること。
もしくはシュートの威力が強すぎること。
ファールが強烈すぎて見ている人も唖然としてしまうこと

シュータリング

センタリングをあげたつもりがそのままゴールに入ってしまうこと。
チームメートから「狙った?」とか聞かれることもあるがほぼまぐれである。

ズギャル

弾丸シュート、シュートの威力が強すぎること

妥協

限界まで追い込まず、途中であきらめること。
フィジカルメニューの際に己と向き合うためにはこの言葉との葛藤から離れられない。

ゴツい

体格がよくフィジカルコンタクトに強いこと
または見た目。
ゴツい

テクい

テクニックに優れていること、またはテクニックなプレー。

おもちゃ

逆足が全く使えないこと。

ドリる

ドリブル突破する、仕掛けること

挟む

相手のボールホルダーに対して複数人でプレッシャーをかけ、
ボールを奪いにいくこと。

切る

クリアーすること(ボールをピッチから出すこと)

オフサイド (鼻毛)

相手のディフェンスラインを越えてボールを受けることから
鼻の穴から毛が飛び出すこと。
オフサイドの選手にはレフェリーのフラッグをあげるポーズをしてあげる。
サッカー部員が口にしていじり合う。

以上サッカー部あるあるを紹介しました。
地方によっても変わると思います。
こんな言葉もあるぞというのがあれば教えてください。

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。