海外駐在でKindle読書にどハマりした件。

海外 kindle おすすめ
SPONSORED LINK

オラ(Hola!)どうも、あき(@lyonxyloto)です。

メキシコに1年半駐在していたのですが、
自分の時間をどう過ごしたらいいかと考えていたら
ブログを書くことと、読書に行き着きました。

その読書ですが、Kindleに出会ってからどこへ行くにも手放せなくなるほど
読書が好きになりました。Kindleの魅力を存分に紹介します!

日本の書籍がいつでもどこでも読める!

海外で一番望んでいたのが「日本の書籍」を読むことです。

このメキシコでの滞在期間にすっかり読書にハマってしまったのもKindleの手軽さからです!

日本の本屋は高校生ぐらいのときから参考書やらマンガを探しに本屋に立ち寄ることが増えたのですが、
やっぱり、サッカー雑誌や、ファッション雑誌しをついでに見てしまうんですよね。

当時はそこまで読書をする方ではなかったのですが、
行くたびに変わる本の真新しさと本の匂いが好きだったんです。

それが、メキシコにいると日本の本屋なんてないので、
定期的に寄れないじゃないですか。

メキシコのWifi環境もわりと整っているので、
ホテルやレストラン、カフェで気軽に利用できます。

WifiのあるところでAmazonのKindle本を物色しながらポチり、ダウンロードしていく。
この繰り返しですね。

一度ダウンロードしておけば、Wifi環境のない、メキシコのど田舎町にいても読書ができますから、
もう時間をムダにすることはなくなりました。

スマホが不可欠な時代においてオフラインで
有意義な時間を過ごすのにKindleは欠かせません。

メキシコに滞在したことある方はわかると思うんですが、
生活のいろんなところで”待たされる”んですよ。。。。

ほんとに。。。。
銀行やらレストランやらイミグレやら、ほんと”待つ”ことが多いです。

効率が悪かったり、スタッフの動きが遅かったりして、
日本なら数分で終わるようなことが実感値では3倍以上かかります。

待ち合わせなんて絶対Kindle入りますよ。

メキシコ人との待ち合わせは30分遅れて行った方がいい。

2017.12.31
相手が遅れきたせいで自分の時間が失われるなんてもってのほかです。

人と待ち合わせて相手が30分ぐらい遅れてきても
Kindleで読書できれば、イライラしないし、有益な時間となります。

飛行機の乗り継ぎ時間とかもう大活躍ですね。
乗り継ぐ空港でWifiに入れないことって結構あります。

有料だったり何かと登録を求められたりします。FREEとあるのに意味わかんないけど入れなかったり。

そんなときはすぐ読書ですね。特に一人で乗り継ぎとか相当退屈やないですか。。

Kindleを携帯しておけば、スキマ時間を有効利用できるわけです。

アカウント情報を確認する

日本のAmazonのアカウントにログインしてください。
事前に日本にいるときにAmazonアカウントを作ってあるとラクですね。

今のインターネットはすごく賢いもので
アカウント登録or ログインせずにAmazonに入ると
GPSのあるメキシコからサイトを見ていることが分かり、
「海外発送できます」という提案すらネットに案内されます。

ログインせずにKindleストアで日本の書籍を探しても
「ご利用できる環境ではございません」or「在庫なし」と出てきます。

しかし、日本の住所のある自分のアカウントにログインすれば、
日本の書籍もKindleで購入可能となります。

wifi環境があればもう万全です。
これで日本の書籍が読みたい放題。

読書が習慣化する

僕がKindleを使っていてすごくいいなと感じるのはこれら全てカットできることです!!

・書店に行く時間
・行った書店に目当ての書籍がなければ、書店をはしごしなければならない。
・書籍を探す時間
・レジに並ぶ時間
・お会計をする時間

書籍を探すのなら、できるだけ大型書店に行こう、でも着いたら本がありすぎて
どこにあるかわからない。レジには列ができている。お会計も時間がかかる。

電子書籍というものが世に出るまでは書店で書籍を買うという行動があたり前だったわけですね。

Amazonでも楽天でも書籍の注文はできますが、
Kinldeはインターネットと端末があるだけですぐ読めるので
書籍を入手するのに全く時間がかかりません。

海外にいるときはなおさらKindleの良さが出ますよね。

本屋にいかなくもいいし、
一度ダウンロードしてしまえば、オフラインでも使用可能。

カバンにかさばることなく、持ち運べます。

Kindleさえあれば片手で読書ができます。

手軽に読書できるといつでも読書するようになるんです。

中でもおすすめなのがKindle Paper whiteです。

たったの205g超軽いです。

僕は、Kindle paper whiteのホワイトを使っています。

Kindle paper white white

特にPaper whiteってマジで紙を読んでいるかのようなんですよ!!
スマホの画面のように明るすぎず、ブルーライトもありません。

コンパクトでも目の負担がかかっていたら継続して読むことはできないですよね。

Kindleが読む場所に合わせて自動で明るさを変えてくれます。

海外 kindle おすすめ

暗いところだと画面がちゃんと明るくなります。

ブラックから新たに加わったホワイトのスタイリッシュが気に入っています。
帰国した今では、外出するときにKindleは欠かせませんね。

ちょっとのスキマさえあればサッと取り出して読書することができます。

常にスキマ時間さえあればKindleで読書していると
日本での生活に戻ったときも読書は習慣化できるんですよね。

デメリットもゼロではない

Kindleのデメリットも一応ゼロではないので正直に書きます。
僕が思うデメリットはこれらですね。

・充電が必要
・貸し借りや譲ることができない

紙の本とは違って電子端末なので定期的に充電しなくてはいけません。
ただスマホみたいに毎晩充電する必要はなく、使ってみての感覚ですが、
毎日1時間〜2時間くらいの利用なら10日〜2週間ぐらい持ちます。
ただ、充電し忘れるとカバンからサッと取り出したら充電切れは相当萎えるので
バッテリーは都度、見ておきましょう。

Kindleという電子端末に電子書籍を追加していくカタチになるので
当然、人に本を貸すなら端末ごと貸さなくてはなりません。

そうなると自分がKindleで読書できなくなるので
当然Kindleは自分専用になります。
なので読まなくなった一部の書籍を譲ることも売ることもできないです。

読書がはかどることは事実

デメリットも書きましたが、言ってもメリットがデメリットを消すぐらい魅力的なんですよね。

Kindleに複数の書籍を入れていれば、読んでいて途中で「あ〜飽きた」とかなっちゃう時ってありません!?
そういったときは、すぐ別の書籍に切り替えられるのがすごいスムーズなんです。

紙の本なら複数もと歩くなんて邪魔です。

だからどこへ行くにも持っていないと落ち着かないんですよ。
それくらい、読書にハマれます!

海外に限らず、読書はKindle paperwhiteをどうぞ!!
ほんとおすすめです!!

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。