【元駐在員が教える】メキシコに持っていきたいおすすめグッズを紹介します!

メキシコ おすすめ グッズ
SPONSORED LINK

Hola!どうも、あき(@lyonxyloto)です。

約1年半の間、メキシコでお仕事をしながら生活しておりました。

滞在中に複数の人から、メキシコに留学、就職するから
何持っていたらいい??と問い合わせを受けていたので
これからメキシコで長期滞在される人に向けて書きます。

生活おすすめグッズ

ユニクロ/ウルトラライトダウン

レディース
バックパッカーとしても大活躍のダウン、ウルトラライトダウンです。
ご存知の方も多いと思います。

耳にタコができるくらい聞いていると思いますが、
やはり軽くてコンパクトなので持ち運びに便利です。
メキシコ おすすめ グッズ

メンズ
メキシコ おすすめ グッズ
寒暖の差が激しいメキシコ生活には一人一つは持っておきたいです。

さいばし

100円均一ならぬ50ペソ均一(約300円)レオンにはありますが、100円では買えません。

料理をするときには必須ですね。

しゃもじ

しゃもじもメキシコではなかなか売っていません。
お米はメキシコの国民食ではないからです。

日本人ならお米は食べたくなるものです。
レオンやイラプアト、ケレタロの日本食材店にはご飯に合うふりかけや、レトルトカレーが売っていますので
日本同様の食事をすることはカンタンですね。

サランラップ

料理をするなら必須です。いくつかまとめ買いしておきましょう。
現地のものは一応ありますが、しょぼいです。

タッパー

一人暮らしだと外食ばかりになるのですが、タッパーはあるに越したことはありません。

ローカルのタコス屋に行ったときに買いすぎて持ち帰りたい。
そんなときもタッパー役立ちます。
メキシコのものは値段が高いですし、サイズも細かく分かれて売っておりません。
日本から持っていくのをおすすめします。

基本的にメキシコの賃貸では冷蔵庫まで付いているところもよくあります。
冷蔵庫があるかどうかも物件探しのときには要チェックです。

日焼け止め

日本に比べ、メキシコでは日差しが断然強いです。
高地が影響しているのか太陽が近く感じます。

アネッサ最強版がおすすめです。

メキシコでもニベアや現地ブランドは売っていますが、少々値段が高いです。

サングラス

日差しが強いので運転するときは特に必要です。

H&MやZARAで安価なサングラスが売っていますが、
質を求めるなら日本で調達しておいた方がいいかもしれません。

グラスマニアを取り扱い豊富です!

目薬

目薬は絶対あった方がいいです!!
メキシコの内陸は(アグアスカリエンテス、レオン、イラプアト、セラヤ、ケレタロどこも海がありません。)とても乾燥しています。
コンタクト使用者はすぐに目が乾燥してしまいます。

湿度は日本に比べてだいぶ低いので
乾燥に強い目薬をおすすめします。

冷えピタ

メキシコには見当たらないので日本で買っておくことをおすすめします。

寒暖の差が激しいのでよくダウンしているひとがいます。
ダウンしたとき用に持っていきましょう。

急に発熱したときほんと助けられました。

まとめ買いもおすすめです。

整髪料

メキシコでワックスは売っていないので
ワックスを使用する人は日本から持っていきましょう。

定番どころを載せておきます。

メキシコではジェルしか売っていません。
僕はメキシコのeGoというジェルが安価でキープ力がよく
気に入ってしまいました。


メキシコのジェルはものすごい安く、1つ100円ちょっとで買えちゃいます。
こだわりがなければ、現地調達で構いません。

歯ブラシ・歯磨き粉

歯ブラシは日本製をまとめ買いするのをおすすめします。
日本で売っているものの方が、ブラシ部分が小さくて歯を磨きやすいです。

電動歯ブラシなんて見かけませんので電動派の方は事前に準備しておきましょう。

歯磨き粉は現地調達でもアリですが、質を求めるなら
日本で買っておきましょう。

爪切り

爪切りも日本で売っているものが丈夫で一番です。

現地のものは切れ味がよくなかったりするのですぐに悪くなります。

耳かき

マジで持ってかないと滞在中、一回も耳掃除しなくなるので
持って行ってください。

電子辞書

メキシコでは公用語がスペイン語になるので
スペイン語入りの電子辞書をもっていくのをおすすめします。

語学学習でもお仕事でも
「知らない単語を調べる」という作業は非常に多くなるはずです!!

電池は現地のコンビニ(OXXOやセブンイレブンなど)でも手に入りますので
現地調達でも構いません。

紙辞書でもポケットサイズがあるのでこちらもおおすすめです。

お茶のティーパック

上述した通り、圧倒的に水を飲むシーンが増えますので
お茶が好きな人はティーパックを持っていくのをおすすめします。

日本食材店などでペットボトルのお茶が売っていますが、150円~200円くらいします。

タオル

タオルやバスタオルは日本から持っていくのをおすすめします。

今治タオルブランドは最強ですね。
僕も持っていきました。

メキシコの繊維製品は、しょぼい割に値段が高いのが現状です。
普通のスーパーで売っているようなタオルはおすすめしません。ザラザラして、肌触りがよくないですね。

ちなみにケレタロにあるAnteaという中南米一でかいショッピングモールに入っているH&M homeのタオルは質がいいです。

文房具

メキシコにも文房具は文房具店やスーパーで売っていますが、しょぼいです。

ボールペンだとインクが残っているのに書けなくなったり、
質のいいものがなかなかありません。

ジェットストリームは書き味いいです!!

シャープペン、ボールペン各色、マジック、マーカーペン、消しゴムも含めて
日本から一式揃えておくのをおすすめします。

“消せるボールペン”なんてメキシコに存在しないのでお土産にも喜ばれます。

風邪薬

頭痛薬、下痢止めは必ずもっていきましょう。

メジャーどころはイブクイック頭痛薬でしょう!

下痢止めといえば「ストッパ下痢止め」かと。

一般的な風邪薬も必要です。

パブロンは必須ですね。かぜの諸症状には欠かせません。

コンタックも持って行きました。

寒暖の差が激しいので頭痛を引き起こしたり、食べ物にあたって
下痢になる可能性は高いです。

メキシコの頭痛薬や下痢止めを服用したこともありますが、
メキシコ人に合わせて作られているせいか、
効き目がかなり強い反面、副作用があります。

僕は閉尿といって、尿意をもよおしてトイレに行きたいのに
尿が出せないということがありました。

”出せない”ってほんとつらいです。

鼻炎薬

ナザールはほんと重宝しました!

滞在中は常にカバンに入れてました。

ティッシュってメキシコでは高いんですよね。
鼻水が洪水にならないように鼻炎薬で鼻水を抑えることが大事です!

保湿クリーム

乾燥している国での生活は肌のケアも気をつけたいところ。

保湿クリームはメキシコでも売っていますが
種類が少ないので愛用のもの、
好みの使用感があるものは日本から持っていくことをおすすめします。

ニベアクリームはお顔だけでなく、体全身に使うことができます。
比較的、安いのもうれしいですね。

くちびるもカサつきますのでリップクリームも常に持ち歩きたいところです。

クロックス

使い勝手の良さは最強です!

室内履きはもちろんのこと、暑い時期のサンダル代わりや
プール、海では大活躍します。

メキシコは当然、室内でも靴移動なのでクロックスだと
足への負担もなく、ラクに過ごせます。

あと旅行するときにも大いに役立ちます。
ビジネスホテルなら館内や室内履きとして、

ゲストハウスの共用シャワーへの移動用でも
クロックスであればサンダル、スリッパとして使えるので
シャワーのときでもラクです。

濡れてもゴム製なのですぐ乾きます。

Gショック

Gショックが一番!
どんな環境にいたって耐えてくれるスグレモノ。

防水ですし、ゴツゴツしたところで落としても全く壊れません。

軽いし、ラバータイプなので長時間していても
疲れないのがいいです。

国を転々としても標準時の切り替えができるので海外でも
大活躍です。

下手に金属の時計をつけていると”お金を持っている”と見られ
犯罪の被害に遭うことも否めません。時計は金目のものより、実用性を重視しましょう。

Kindle

読書が趣味の方はKindleを購入しておくのがおすすめです。

紙の本を持っていくのもいいですが、重いし、かさばるし、スーツケースの重量制限があるので
断然Kindleがいいです。
メキシコに長期滞在するタイミングでKindleデビューするのもおすすめです。

日本の本屋がなくても
インターネットさえあれば最新の書籍が海外、いつどこにいても読めます。

僕はKindle paper whiteを愛用しています。
スマフォでKindleアプリを入れても読書はできますが、
ブルーライトを浴び続けますし、目にやさしいPaper whiteをおすすめします。

Kindle paper white white
インターネット環境があればすぐに欲しい本を手に入れることができるので
次から次へと読書が止まらなくなります!!

Kindleについてはこちらもどうぞ。

海外駐在でKindle読書にどハマりした件。

2017.05.26

入国に気をつけたいこと

メキシコ おすすめ グッズ

メキシコ入国の際、ノートパソコン2つ以上は注意
ラップトップが2つ以上だとお金取られます。3,000〜5,000円相当取られました。
ノートパソコンの規制があるかは分かりませんが
ことあるごとにメキシコの空港職員はいちゃもんつけてきます。
(嘘をつけば、そんな支払いせずに済んだ。。)

もちろんペソなんて入国のときはまだ持っていなかったので
わざわざ両替しに行って、課徴金を払うというハメになりました。

タバコは成人一人1カートンが上限。
2カートン持ってきて税関でバレるといくらか罰金を払わなくてはなりません。

メキシコに長期で来られるときは準備はしっかりしていきましょう!

では!

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。