メキシコのスペイン語スラング26選!!

スペイン語 メキシコ スラング
SPONSORED LINK

Hola!!

メキシコに住んでいると
スペインでスペイン語を学んできた人にとっては
「これってこう言うんだ!」「こんな言い方あるんだ!」と
気付かされます。

メキシコで使われるスラングを載せていきます。

スラングとは!?

そもそもスラング何でしょう?

辞書を引くと

特定の社会や階層、または仲間だけに通じる語や語句

と出てきます。

メキシコ国内だけとか、若い子たちの間だけというような
特定のコミュニティの中で使われるものを指します。

僕ら日本人が「めちゃ」とか「ヤバイ」、「すげえ」、
「キモい」、「ガチ」、「マジ」、「ディスる」
と言うような感じだと思います。

スペイン語ではjerga(ヘルガ)といいます。

メキシコに行かれる方は覚えておくと損はないです!!
むしろあっという間に現地の人々と仲良くなれます!

メキシコスラング!!

¿mande?(マンデ?)

この国に来て最初に聞きました。
相手の言ったことが聞き取れなかったり、
何?と聞き耳を立てるときによく使います。
言い換えるなら「¿Qué?」(ケ?)<なに?>
「¿Cómo?」(コモ?)<なに?>
「Dime」(ディメ)<言って>

¡Qué padre!(ケ パドレ!)

「お父さん」ではありませんw
<かっこいい!>という意味で使われます。

¡Qué chido!(ケ チド!)

¡Qué padre!(ケ パドレ!)よりさらにカジュアルな表現。
<やべえ>くらいでしょうか。
10代〜20代前半のメキシカンがよく使います。

¿Qué onda?(ケ オンダ?)

¿Cómo estás?(コモ エスタス?)のくだけた表現。
<元気?調子どう?>

No manches/No mames.(ノ マンチェス/ノ マメス)

<まじかよ/ふざけんなよ>
2つとも意味は同じです。
「No mames.」(ノ マメス)は強い表現なので
目上の人には使ってはいけません。w

¡órale! (オラレ)/¡ándale! (アンダレ)

<いいね/さあ/やろう/はやく>
相手の行動を促すときに使う表現。

¡hijole! (イッホレ)/ ¡caray!(カライ)

<ワオ/うそお/まじで/すげえ>
驚きの表現。
¡Madre mía!<オーマイゴッド>のようなニュアンスで使います。

fresa(フレサ)

<気取った人>
通常の意味は<イチゴ>。
イチゴはイラプアトの名産です。

chingón/chingona(チンゴン/チンゴナ)


超とかヤバい、とてもといったいい意味で使います。

comida chingona(コミダ チンゴナ)
<めっちゃ上手いごはん>

chingo(チンゴ)

<たくさん>
Chingo ge gente(チンゴ デ ヘンテ)
<めっちゃ人が多い>
Chingo de carro(チンゴ デ カrro)*巻き舌
<たくさんの車>

wey(ウェイ)/guey(グエイ)

 <おい/ねえ>
現地でサッカーしてますが、こればっかみんな言ってます。
ビジネスにはNG。

Tengo hueva.(テンゴ ウエバ)

<めんどくさい。>
=me da pereza (メ ダ ペレサ)
やりたくない、やる気が起きない
といったときによく使われます。

sale(サレ)

スペインで言うVale.(バレ)<了解、OK!>
にあたります。
仕事の話でもよく聞こえてきます。

muchacho/muchacha(ムチャチョ/ムチャチャ)

<少年、少女たち/少女たち>

chavo, chava(チャボ、チャバ)


muchacho/muchacha(ムチャチョ/ムチャチャ)と同じ意味で使われます。

chapa/chaparrito,chaparrita(チャパ/チャパrリト、チャパrリタ)

rリはリの巻き舌。
人に対しては<チビ>、あだ名としても使われる。

ものに対しては<安いっぽいもの、しょぼいもの>

por fis(ポルフィス)

pleaseにあたるpor favor(ポル ファボール)
が短くなってPor fa(ポル ファ)
さらにくだけてPor fis。

pinche(ピンチェ)

<クソ>。汚い言葉です。
pinche chingada(ピンチェ チンガダ)
<クソ野郎>
さらに汚い表現です。
絶対に使わないでください。

Vamos a la verga(バモス ア ラ ヴェルガ)

perro(ペrロ)

rroはロの巻き舌になります。
perroは<犬>という意味の名詞ですが、メキシコではdifícil(ディフィシル)<難しい>という形容詞としても使います。

*追記
de は必要ないです。

なのでEs muy perro hablar japonés.が正です。

Aprender los kanjis japoneses está muy perro.
→Aprender los kanjis japoneses está muy intenso(difícil).
漢字を学ぶことはとても難しい。

perroは(強い/激しい)という意味でも使われます。

gato(ガト)

gatoは<猫>という名詞ですが2つのスラングがあります。

1.gato(ta)=mujeriego(ga)<女好きな男(男好きな女)>
Eres muy gato(ta).
<君はとても女好き(男好き)ね。>

2.gato=sirviente<召使い>subordinado<部下>
Eres mi gato(ta).
<君は私の部下だ。>

simon(シモン)

ちなみにSimónは名前になってしまうので「O」の上にアクセントはつけないように。

neta(ネタ)

僕らが「マジで!?」「マジ」と言っている感じです。

echar desmadre(エチャール デスマドレ)/echar despite(エチャール デスピテ)

sobres(ソブレス)


soblesではなく、sobres(ソブレス)でした。すみません。

bronca(ブロンカ)

まとめ

特にメキシコの10代、20代前半の人たちの会話はスラングの応酬すぎて
なに言ってるかよくわかなんないことばかりです。

でも一つでも知っていれば現地のメキシコ人にウケること間違いありません。
すぐに打ち解けられます。

ビジネス的には好ましくないので使用は控えましょう。

では!

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。