日本に住むスペイン人がスーパーで買った“良いもの”

SPONSORED LINK

スペインならどこにでもあるであろうスーパーマーケットのメルカドーナ(MERCADONA)で東京に住むスペイン人が毎回買っていく、日本に帰るときに持っていきたいものを紹介します。

1ヶ月滞在をしてみて、暮らしを体験できました。

スペイン、バルセロナで1ヶ月暮らしてみた。いくらかかったの!?

2020年2月6日
1ヶ月もいると毎日外食だとかなり出費するのでスーパーに定期的に通うようになったのと、なんだかメルカドーナって日本に無いような商品を見つけられたりと発見が楽しくて好きになりました。メルカドーナが恋しいです。

スーパーの商品価格は店舗のある地域や月、季節によっても多少誤差があることご了承ください。

ハンドクリーム


地球の歩き方にも掲載されていますが、オリーブオイルのハンドクリームはマストバイです。香りも強くなく友人へのおみやげにもとてもいいです。
250mlの大容量で1ユーロちょっと安く、コスパ最強です。

クリームチーズ


ビスケットやクラッカーにつけて食べるときにアクセントになるおいしいクリームチーズ。僕は知ってから毎朝ビスケットとともに食べていました。
こちらも1つ1ユーロほどです。

カマンベールチーズ

日本より分厚くてしかも安い。2ユーロちょっと。日本だと同じ容量だと倍の値段はすると思います。スペイン最高!

アイオリソース


1つ1ユーロ切ります。料理の味付けに持ってこいです。
日本にはアイオリソースって見かけないですよね、あっても高いし、Amazonで見ても海外からの輸入品ばかりです。

もうね、何かとアイオリソースを使っていましたね。買って焼いたお肉につけたり、冷凍?ピザのように売っているトルティージャエスパニョーラに付けるのが好きでした。

酢漬け


酢漬けにされてビンで売っているような食べ物は日本には少ない気がします。
オリーブはとてもうまいです。1.5ユーロほど。タネなし、スペインではSin Huesoと言いますが、こちらの方がラクに食べられます。日本だと量も小さくて値段が高いんですよ。これまたスペイン最高です!!

歯磨き粉


「日本で売られている歯磨き粉ってあんまりスーッとしないからスペインのものの方が強いし、歯を白く保てる」と言ってスペイン人の彼はカゴの中に数箱、放り込んでいきました。
1本100mlほどで1ユーロ切ります。2ヶ月〜3ヶ月ほどは持つのではないでしょうか。
こちらもコスパいいです。

確かに使ってみると清涼感と言うんでしょうか、歯を磨いたあとがとても気持ちがいいですね。

日本の歯磨き粉より強めの清涼感を求める方にはおすすめします。(スペインの歯磨き粉の方が歯を白くできるかについては保証はできません。)

生ハムなどの肉製品に関しては基本的にはアウト、チーズやバター、クリームなどの乳製品は販売や営業を目的としないのなら10kg以下であれば持ち帰ることができます。
スペインから日本へ持ち込めないものについてはスペイン語教室ADELANTEさんがわかりやすく説明されています。
https://adelante.jp/noticias/blog/que-puedo-llevar-a-japon/

生ハムはスペインで思う存分、堪能しておきましょう!

うん、好きになりましたねメルカドーナ。スペインにいると日本のお米や納豆やお寿司はなかなか味わえないですし、あっても高いのですが、
反対にスペインにある安くていいものに目がいくようになります。

郷に入っては郷に従えといいますか、その国の中で得られる”良いもの”に感謝です。

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。