六本木のスペイン語交流会に行ってみた。

六本木 スペイン語 交流会
SPONSORED LINK

Buenas tardes!あき(@lyonxyloto)です。

都内4件目となるインテルカンビオ(スペイン語交流会)に行ってきました。
六本木開催も以前から気になっていて、飛び込んでみました。
どんな感じだったか模様をお伝えします。

ブリティッシュパブ

六本木 スペイン語 交流会



東京メトロ六本木駅と六本木一丁目駅の間にあります。
僕は六本木駅4b出口から行ったんですが、徒歩7分くらいかかりました。

5番出口が最寄りです。ここだと徒歩5分。
参加方法はFLONのサイトか、Meet upアプリです。
詳しくは以下を参照ください。

西新宿のスペイン語交流会に行ってみた。

2018.11.03
会場の六本木周辺では近隣にカフェがないので開始時間より早く着きすぎると時間つぶしにかなり苦労します。僕はカフェ探しにかなり周辺をうろうろしていました。もはや不審者ですねw
時間つぶしできそうなのはドンキの店内でうろつくぐらいかと。

インテルカンビオの会場となるパブはお店の入り口に近い、通りに面した窓側で毎回行われるので
お店に入る前にざっと店内の混み具合を知ることができます。

店内に入るとすぐ受付がありますので参加費を支払います。
先にあげた申し込みサイトで予約済みなら1,000円、予約なしだと1,500円なので
当日参加を決めたとしても絶対予約して行くことをおすすめします。

ちなみにここのインテルカンビオではルールは一切ありません。

運営者さんが後から来た人にすでに参加中のグループの
会話の中に入れてもらうよう配慮することはありました
が、日本語で話すか、スペイン語で話すかはその場の流れ次第で自由。

入退場も自由です。

西新宿と同様19:00-22:00と3時間もあります。21時ごろがピークですね。
みんなお酒も入ってきていい感じににぎやかでした。

このときはネイティブに比べれば、日本人の人の方が多かった感じです。

参加者の語学レベルもバラバラでした。
例えば、ネイティブの人では、バンコクでスペイン語教師をやっていて、休みが取れたのでふらっと日本へ旅行。ついでに参加してみた。つまり日本語は一切知らないけどスペイン語は話せますよって人、

コスタリカから東京へエンジニア系の仕事探しに3ヶ月くらい滞在していて、その間で来てみました。こちらも日本語は一切知らないけどスペイン語は話せますよって人、

日本で3年以上、IT系で仕事しているスペイン人の方でそれなりに日本語はできますって人、

アメリカ人の方で日本在住7年。スペイン語は高校生まで学校で習ったけどもうすでに忘れてしまった。日本語は流暢、英語ネイティブです、ってな人、といろんな人がいました。

日本人の方も勉強を始めたばかりの人からかなりペラペラな人までいたので全く話せない人でも心配ないかと思います!

お酒が高い。。。

行って感じた率直な感想です。これはインテルカンビオではなく会場となっているお店の料金設定ですね。
高い!お酒の値段が高いんです。

お酒の最安がサッポロビールの500mlでしょうか、700円!

基本的にこのお店で取り扱うビールは800〜1,000円もするので
参加費1,000円と合わせるとノンネイティブ=日本人なら最低でも2,000円はかかります。

ネイティブは参加費無料(うらやましい!!)

HUBの高級版のイメージ。
ブリティッシュパブだけに海外のさまざまなビールが楽しめるのでお酒好きには良いです!

参加者全体の人数では他のインテルカンビオに比べれば少ない印象。
週末開催じゃないのも影響してるかもしれません。

ただ、行けばネイティブとスペイン語を話す機会は作れるのでスペイン語を話したい方はおすすめします!

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。