セルバンテス文化センターのスペイン語交流会に参加してみた。

スペイン語 インテルカンビオ
SPONSORED LINK

Hola! どうも、あき(@lyonxyloto)です。

twitterのタイムラインでセルバンテス文化センターの
インテルカンビオ(言語交流会)があると知ったので早速行ってきました。

スペイン語を話したいけど、実際どんな感じなのか知りたいという人に向けて
発信できたらと思います。

初心者大歓迎でした!


スペイン政府がスペイン語の振興を目的として設立された「セルバンテス文化センター(Instituto Cervantes Tokio)」という施設が東京の四ツ谷にありまして、そこの6階にある図書館で毎月1回開催されます。

インテルカンビオのある時間帯の図書館は静かなスペースではなくなります。w
そこはゆるやかなカフェスペースになります。

参加方法

毎月1回あるので興味ある方はセルバンテス文化センターをフォローしておきましょう!

開催が近づいてくると上のような案内がされますのでリンクをクリックします。
スペイン語 インテルカンビオ
ページに飛ぶと下の方に「Haz tu reserva」(予約してください)と書いてあります。
(まったくの初心者はこの表示がわからないでしょうから
内容を理解できるくらいの語学力はいるなぁと線引きされている気もします。)
日本語での参加方法があればスミマセン。

参加費は一人1,000円です。(スペイン語ネイティブは無料!!)
「Haz tu reserva」にリンクがあるのでクリックします。
スペイン語 インテルカンビオ
するとPeatix(ピーティックス)というイベント情報が集まるページに飛びます。

Peatix(ピーティックス)はアプリのインストールを求められますので
持っていない方はインストールしてください。(ちょっとここがめんどくさいw)

Peatix(ピーティックス)をスマホにインストールしたら、必要事項を入力して新規登録をします。

ログイン後、該当するインテルカンビオのページに進むとチケットを入手することができます。
スペイン語 インテルカンビオ

スペイン語圏以外の人、つまり日本人やその他の方は事前予約しないと参加できないので
ご注意ください

お金は当日、開催前に6階の図書館で支払います。

参加!!

受付で支払いを済ますと自分の名前の書かれた名札をもらいます。
白いシール状の名札「tiqueta blanca」
赤の丸シールのついた名札「tiqueta roja」に分かれます。

ネイティブの人は黄色い名札でした。

同じ種類の名札の参加者が偏らないようにして最初はどこの席に座ってもOKです。

図書館に入ると左側に四角い小さなテーブルを囲うようにしてイスが並べられています。
スペイン語 インテルカンビオ

コーヒーやオレンジジュース、アップルジュース、お茶が用意されていますので
セルフで飲み放題です。

開始前は全然ネイティブが来てなくて「日本人とスペイン語を話すの!?」と思うくらい
人が少なかったんですが、
さすがはスペイン語圏の人、遅れてぞろぞろ来ました。www

8つぐらいテーブルがあるのですが、毎回話すテーマが異なるようで
15分ごとに白いシールの人、赤いシールの人、ネイティブが順序逆に入れ替わり、
15分スペイン語、15分日本語というようにメンバーと話す言語が変わります。

雨の中、当初用意していたイスに座りきれないくらいの参加者がくる盛況ぶり!!

12時開始だったのがちゃんと開始になったのが12時15分くらいで
終わりは13時40分でした。
(日本人運営ならたぶんきっかり13時で終わっていますねぇw)

決してハイレベルというわけでもなく、初心者大歓迎な感じですね。
楽しかったです!

年齢も学習暦もバラバラでいろんな方が参加しています。
月1回なので毎回参加できそうです!!

ぜひあなたも参加してみてください!

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。