もっとありがとうと言おう。

ありがとう
SPONSORED LINK

どうも、あき(@lyonxyloto)です。

メキシコから帰国して半年ほど経ちましたが、
まだまだメキシコと日本の暮らしの違いを比較することが多い日々です。

久しぶりに東京での生活に戻ったのですが、
気になったのが「感謝」について。
みんな「ありがとう」と全然言ってなくないか??とつくづく思います。

飲食店で出されるお水や料理、多くの人が「お金を払ったから提供してもらうのは当たり前」のごとく、無言で提供されるものを受け取っていることが多いように思います。

るっていさん(@rutty07z)のこのツイートには強く共感しました。

低価格でおいしい料理って日本にめちゃくちゃありません!??
牛丼チェーンしかり、日本のメシはうますぎますよ!!

まあお金出しているのはお客さんなのですが、もっと「ありがとう」って言おうぜ?って思うんですよ。

ロボットが料理を出すのはともかく、人が時間と労力をかけて提供しているんだから
感謝の言葉をあげたいと思うんですよね。

感謝の気持ちを受け取った人も気持ちいいはずです!

メキシコにいたとき、現地の人はありがとうを意味する「Gracias(グラシアス)」を結構言っているんですよね。

料理を提供されたときはもちろんのこと、
お皿をテーブルから片付けてもらうときや、お会計を済ませて店を後にするとき、
少なくとも一回の食事で3回は「ありがとう」と言っているんですよね。


みんながみんなそうではないけれどもメキシコでは多くの人が感謝を人に伝えています。
もちろんメキシコと日本で宗教の違いは影響しているかもしれません。

日本では、特に東京なんかはイヤフォンをしながら一人でご飯を食べている人もよく見かけれるんですが、終始無言なんですよ。

最後は「ごちそうさま」くらい言いましょうよ!!!!

斎藤一人さんの書籍を読んだこともあって、僕は意識的に「ありがとう」というのを使うようにしています。

斎藤一人さんにならう

2018.11.11

「ありがとう」という言葉をいいまくって悪いことは一つもないんです。
言われた相手は嬉しい気持ちでいっぱいになりますよね。

「ありがとう」という言葉は人生を好転させる力のある言葉だと思います。
スピリチュアルだなとか、信じたくない人は信じなくて構いませんw

ただ、感謝の気持ちは大切にしていきたいですね。

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。