パデルが楽しい!!!魅力を解説する。

SPONSORED LINK

最近パデルにハマっています!

この記事を書こう書こうと思いつつ結局書けていませんでした。
パデル楽しいんですよ!パドルじゃないですよ、パ・デ・ル。
*ちなみにパドルはカヌー競技で水をかく、こぐときに使う道具です。

なぜこのスポーツにハマったのか、、、僕はラケットスポーツをやったことがなくずっと20年くらいサッカーをやっていました。キーパーでもなかったし、腕を使うスポーツはしたことないです。

僕はスペイン語交流会で知り合った方からこのスポーツに出会いました。
そのかたはスペインへ社会人留学をされていて、現地でパデルを知ったんだそう。パデルの魅力に取り憑かれてそこから大井町にあるパデルワンのパデルスクールに入っているとのことでした。

結構、テニスをやっていた方がパデルを始めている人が多い印象ですが(もちろんテニスをやったことがない人も始めています)、スペイン語から入った方はたぶん数えるくらいかもしれません。

僕は新しいもの、未知なことがすごい好き、つまり好奇心旺盛です。
昨年4月にパデルの体験を大井町でやったんですが、1回やってみて、「わ!すごい楽しい!」と興奮しました。

パデルってどんなスポーツかは動画をご覧ください〜
先月開催されたパデルワールドツアーのバルセロナ大会、点の取り合いとなったゲーム(El partido de los puntazos)です。
(ちなみにパデルをやるならこのWorld Padel TourのYoutubeチャンネルは登録必須です!!毎月のようにスペインを中心として各地でトッププレイヤーがしのぎを削る世界大会が動画配信されます!)

ルールについてはadidas Padelさんがわかりやすく説明しているのでこちらもご覧ください。
『パデルとは?』

ちなみにカウントはテニスと同様です。

今から魅力を紹介していきます。

パデルの魅力

壁が使えるって新鮮!

初めて体験したときに真っ先に「おもしろい!」と感じたのがこれです!
c壁にボールが跳ね返ってもラリーが続くのが楽しいんですよ!
スカッシュに似てる!テニスとスカッシュを合わせた感じ!

だからラリーが続きやすい!すぐにプレーが切れない!
パデルを見てるほうも楽しめます。

そんなに激しく動かなくていい

サッカーやバスケットボールみたいに猛ダッシュするとか、スタミナがいるとかプレーを楽しむのにそこまでハードワークを求められません。
毎回ハードだったらよっぽどの体育会系しか人は集まらないですよね。

体格も関係ないです。いろんな体格の人がプレーしています。
パデルはとても続けやすいです。

老若男女問わずできる

パデルの最大の魅力はここだと思ってます!

子どもから大人、おじいちゃんおばあちゃんでも楽しめるんですよね。
家族揃ってパデルをやっている方もいますし、高齢の方でもやってます。

もう、スペインに住みたくなりますよ。マンションの共用部にパデルコートがあるところは現地では少なくありません。
パデルのある暮らし、いいですね。

僕の地元だとおじいちゃんおばあちゃんたちは公園でゲートボールをしているんですが、
スペインでパデルコートがあるところに住んでいる人はいつもパデルをしています。最高。

生涯スポーツですね。年齢を重ねてもずっとやれます。ほんといいです。

いろんな方と知り合い、仲良くなれる

パデルはダブルスで行うスポーツなので必然的に誰かと組まないとゲームができません。

イベントやレッスンでさまざまな方と練習したり、ペアを組んでゲームをするので必ず人と交流することになります。
なのでいろんな方々とつながることができるんですよね。
これまた、パデルのいいところです。

不定期でパデルイベントもやっています

昨年パデル x スペイン語交流会というのを実施しました!


スペイン語ネイティブとスペイン語好きでパデル初心者の方々を呼んで交流イベントをしてみました。

まず、コーチにゲームのやり方がわかるように基本レクチャーをしてもらい、そっからゲーム!
ゲームを待っている間は参加者同士で交流してもらって待ち時間を楽しんでもらう。

パデル de インテルカンビオ(スペイン語交流会)リベンジ!

2019年12月16日

7月に雨でリベンジとなった12月。アルゼンチン人のカメラマンもお呼びし、大成功でした。

また、新型コロナウイルスが落ち着いてきた頃にでも不定期でやろうと思っています。
スペイン語関連のイベントは思いつきと見切り発車で作っています!ビビッと来たらすぐやります。
僕らが手掛けるイベントは主にこちらで発信しています。

夢中になれるんですよね。

さらに知りたい方は!

パデル日本代表のトミカズさんがYoutubeでいろんなコツを紹介してくれています。


動画はありがたいですね、勉強になります。

また、パデルを文章化した深い考察についてはだんなさんの記事が興味深いです。

一つ読み出すと止まらないですね。
ぜひ読んでみてください。

デメリットはある!??

パデルにとてもハマっている僕ですが、メリットだけを書いていいところだけ伝えるのではなく、いち参加者として始めてみて感じたデメリットも書いてみます。

まだまだコートが少ない

知名度がまだ低く、コート数が限られているため、コートのある施設に通える距離に住んでいる人ではないとプレーできないのが現実。
ただパデル協会さんをはじめとして日々、コート数の拡大に奮闘されています!!
みなさんでクラウドファンディングのパトロンになって盛り上げたいですよね。

関東だと、練馬、大井町、千葉浜野でスクールやイベントがあります。

千葉の稲毛にもコートがあります。

東海では名古屋、三重桑名、名張、鈴鹿(三重うらやましい)、
関西では京都、奈良、大阪、神戸にあります。

各施設の詳細についてはこれまたパデル日本代表の日下部さんが『日本のパデルコート、パデル施設総まとめ!』にてまとめてくれています。

ぞくぞくと国内にパデルコートが増えています!今からも遅くありません。

出費は小さくない

スペイン人に「パデルをしている」と言うと、Eres un/a pijo/a.(きみは上流階級、お金持ちだね。)と冗談混じりに言われることがあります。

現地では競技人口はサッカーについで2番目に多いのですが、少し高級なスポーツとしてのイメージがついていることが多いです。
実際、スペインで大人気のサッカーに比べると日本でもコート使用やラケット、シューズ購入にお金がかかるのは事実です。
コート数が限られているがゆえにそこへ向かうための交通費もかかります。

レンタルコートや交通費についてはコート数の供給数で将来的に変わってくるでしょう。

ただ、出費に関してはパデルを生活の中でどれだけの優先度に持ってくるのかでもちろん変わります。
週1回のスクール会員なら1万円弱+交通費、加えて各種イベントに参加したり、仲間うちでレンタルコートを複数回借りたりすると+1万や2万はすぐいきます。

ここに関しては好きでのめり込んでいるなら厭わないかなと。

天候に左右されやすい

屋内コートでない限り、雨が降ってしまうとできません。超デリケートなスポーツ。

パデルを始めてからこれまで以上に天気予報を気にするようになりました。(笑)
絶対パデルをしている方は同じはず!みんなそうですよね。雨雲レーダーなんてパデルを始めて確認しましたね。
サッカーだと雨でもほとんどやりますから。

だから梅雨の時期はかなり中止になることが多く、スクール生だとレッスンの振替が溜まってしまうことがよくあります。

関東でイベントをするなら集客上、僕は都内のコートを使用させていただくのですが屋外コートでのイベント開催はかなり運頼みなところがあります。。。
こればかりは不可抗力!?

これも将来的にスペインみたく屋内コートも増えてくると雨でも楽しめるようになるかもしれません。

サッカー選手も実はやっている

僕がサッカーからパデルにハマる理由の一つに海外でプレーする、していたサッカー選手は少なからず、パデルをしているんですよね。

スペイン代表、レアル・マドリードで活躍するマルコス・アセンシオ選手
オフシーズンにパデルしてます。

この投稿をInstagramで見る

Tarde de pádel.🎾

Marco Asensio(@marcoasensio10)がシェアした投稿 –

元スペイン代表、FCバルセロナで長年活躍したカルレス・プジョル選手。

以前、プジョル選手がパデルのガラスを割ってしまってTwitterではかなり盛り上がっていました。そのTwitterでテニスと勘違いしてる人がかなりいたんですよね。で、知っている人が、「これパデルだから。」って突っ込んでいた。

もっとパデルの知名度!!!!
コートのガラスって割れるんですね。凄まじいパワー…

この投稿をInstagramで見る

¿Algún día aprenderé a dosificar? 🙈

Carles Puyol(@carles5puyol)がシェアした投稿 –

アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元オランダ代表のファン・ペルシー選手。
背高いし、迫力ありますね。うまいです。引退してから絶対、かなり練習してますよこれ。

僕もエバンジェリストなので布教していきますよ。

スペイン語⇄パデル!ちょくちょくパデルやスペイン語関連のイベントとかやりながらこの流れを作っていこうと思います。

以上、パデルの紹介でした。これから伸びしろ十分の、ニュースポーツ!
今からでも遅くありません。興味のある方はぜひ、お近くのパデルコートへ!

SPONSORED LINK
▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

aki

ブログ「ワクワク-WacWac-」を運営。 常にワクワクを求めて。 スペイン語圏を行ったり来たりしています。 高校サッカー時代に過ごした部活から プロ選手が誕生したのを機に海外に興味が出る。 大学時代にスペイン語とバックパッカーにハマり、 訪れた国は32か国。 オセアニア、中央アジア、中欧、西欧、南米を周遊。 メキシコ駐在経験やスペイン滞在、スペイン語情報を中心に発信しています。